断熱工法

取り扱い断熱材・工法について

当社のこだわりは断熱性能です。なぜ断熱を使用するのかをご紹介します。

1.夏は涼しく冬は暖かい、省エネルギーの住宅へ
2.結露による住宅劣化のリスクを軽減
3.結露によりカビ、温度差によるヒートショックなどの健康被害へのリスクを軽減

などの性能があります。
断熱工事にはいくつかの種類があり、すべて当社において責任を持って施工しています。

外断熱工法
外断熱工法
構造体の外側をすべて断熱材で固める工法です。
気密の面から考えると、施工の差は出にくくなります。
スーパーウォール(SW)工法
スーパーウォール(SW)工法

構造用のパネルと一体になった断熱材で、耐震的にも優れた工法です。硬質発泡ウレタンで厚みも十分にあり、省エネ基準もクリアしやすくなります。

基礎断熱工法
基礎断熱工法

床下も部屋の一部として考えられた工法です。外周部に断熱材を敷き込み貼り付けます。設備配管などの断熱欠損の処理だけ行うと、気密は取りやすくなります。

床断熱工法
床断熱工法

最も一般的な床の断熱工法です。床下に断熱材を敷き込み、気密の面から考えると、施工者の差は出やすくなります。

硬質発泡ウレタン吹付工法
硬質発泡ウレタン吹付工法

現場で発泡ウレタンを吹付ける工法です。その場で吹き付けるので断熱欠損は起こりにくく、比較的に安価なものを取り入れます。